toha_head

 

妖怪ウォッチとは

ゲーム制作会社「LEVEL5」より2013年7月11日に発売されたニンテンドー3DS用ソフトです。

そのゲームを原作とした小学館の「コロコロコミック」に連載中の漫画、そしてテレビ東京系列で2014年1月8日から放送が開始されたアニメで一気に人気となりました。

今の子供を夢中にさせ、その影響で大人たちも夢中になりつつあります。

グッズを中心に販売しているのは玩具メーカーは「バンダイ」です。「LEVEL5」と「バンダイ」が仕掛けるオモチャ、グッズ戦略によりゲームやアニメに登場する「妖怪メダル」が

爆発的な人気を呼び、1枚100円程度のメダルがネットオークションでは数万円での取引が成立するなど社会現象も起きています。

今後「妖怪ウォッチ」はポケモンと並ぶほど人気は加熱していくと予想されています。

 

妖怪ウォッチ ニンテンドー3DSゲームについて

妖怪ウォッチのゲームは「妖怪のいる日常」をテーマとしたRPGで、主人公ケイタが妖怪「ウィスパー」と出会い、妖怪を見ることができる「妖怪ウォッチ」を手に入れるところから物語が始まります。

そしてその妖怪ウォッチを手にした主人公ケイタが様々な妖怪による問題を解決し、妖怪と友達になることで妖怪メダルをゲットしていく物語になっています。

友だちになった妖怪たちを仲間としてより強い妖怪たちを倒していき、成長を続けるゲームです。

子どもたちはこのゲームを自分と重ねつつ、ゲーム内で成長し、メダルをドンドン増やしていき、最終的にはコンプリートを目指しています。

ゲーム自体は意外と簡単でクリアすることは6才くらいの子供であれば可能です。ただ、メダルのコンプリートは大人でも相当難しく、世の中のパパは必至になっているかもしれません。

そんな中、2014年7月10日に『妖怪ウォッチ2 元祖/本家』(バージョン2)が発売となります。

この『妖怪ウォッチ2 元祖/本家』では2種類の限定レア妖怪メダルが付属し、間違いなくベストセラーが約束されています。

メダルを収集している子供や大人は一人でゲームを2本買う必要もあり、バージョン1よりも倍近い販売が期待されるでしょう。